おすすめ記事

FXのスキャルピング手法徹底解説

FXのスキャルピング手法徹底解説
これはデイトレードにも共通していますが、 スキャルピングのメリットは、日を跨いでポジションを保有することによる損失リスクがないこと です。

FXのスキャルピングで本気で稼ぐ手法を億トレが徹底解説

鈴木拓也

鈴木拓也

教材中でライントレードのテクニックを紹介しています!ライントレードを身に付けられれば、FXの実力は一気に上がりますよ!

スキャルピングのデメリット

しかし、 スキャルピングにはかなり重大なリスクがあります。

  • 数pips~十数pipsの値動きの予想は非常に困難
  • アルゴリズムトレーディングの躍進
  • スプレッド(コスト)の問題
  • 精神的にも肉体的にも過酷

デメリットが4つもあるのかと思われたかもしれませんが、スキャルピングで本当に稼げる人は、 これらのデメリットをも凌駕するスキルを持った超人 です。

あなたもスキャルピングで稼ぎたいならば、 これらのデメリットを理解し、それらをはねのけるくらいのスキルを持たないといけません。

数pips~十数pipsの値動きの予想は困難

そして、そのような売買がいつ入るのかも予想出来ませんし、その時の相場への影響は、その時間帯の流動性(取引の厚み)にもよるのです。 そんな小さな値動きを予想するのは、かなり難しいのが実情です。

アルゴリズムトレーディングの躍進

アルゴリズムトレーディングは、1秒以下の超高速でのトレードが可能で、そのスピードはもはや人間が太刀打ちできる世界ではありません。

デイトレやスイングはまだまだファンダメンタルズの分析が重要で、その点でコンピュータシステムよりも人間の方が優れていますが、 スキャルピングのトレードにはファンダメンタルズ分析はほぼ関係ありません。

つまり、トレードは全てテクニカル分析で判断することになり、人間よりも圧倒的に早く計算処理でき、かつトレード執行も超高速で可能なアルゴリズムトレーディングに太刀打ちできないリスクがあるのです。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

スプレッド(コスト)の問題

  • 1回のトレード(エントリーから決済)で0.1pips
  • 1日に5pips(0.1pips×50回)
  • 1か月に100pips(5pips×20日)
  • 1年間に1,200pips(100pips×12か月)

あなたが1か月に100pipsを安定して稼ぎ続ける人ならば、世界トップクラスのトレーダーだと言えるでしょう。

ただ、上記の条件でスキャルピングをした場合には、 逆に無条件で毎月100pipsの損を出していることと同じなのです。

精神的にも肉体的にも過酷

プロスペクト理論

スキャルピングが向いている人

  • 規律(売買ルール)を確りと守ることが出来る
  • 負けをもろともしないメンタルがある
  • 集中力と反射神経が高い

例えば、その場の雰囲気で何とかなく買ったり売ったりしているようでは、稼ぎ続けることはほぼ不可能でしょう。

また、ここが一番大事なポイントですが、 リスクリワードを、リスク<リワード(利益)となるように設定し、然るべき水準で損切りを行うことを徹底する必要 があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる