FXデイトレードとは

FXのやり方紹介

FXのやり方紹介

FXのやり方紹介

FXとは?

FXとは「外国為替証拠金取引」のことで、Foreign Exchangeの英略です。

為替には「交換」や「ひきかえ」という意味があり、FXでは外国の 通貨同士を交換して取引する ことから、外国為替といわれています。

FXでの稼ぎ方 どういう仕組みで利益が出る?

先ほど説明したとおり、FXでは異なる通貨同士を交換して利益を狙います。

FXで利益をあげるには、 「為替差益」「スワップポイント」 の2つの方法があります。

担保として預け入れる「証拠金」をもとに、この2つの方法で利益を狙っていくのがFXです。

証拠金とは?

証拠金とは、 取引するためにFX会社に預け入れる資金 のことです。

いわゆる担保金のようなもので、取引する通貨や数量によって預ける証拠金は変わります。

必要証拠金比較

仮に1ドル=100円のとき、25,000ドル(250万円)の取引に必要な証拠金は10万円。

一方見方を変えれば、たった10万円で250万円分の取引ができるともいえます。

この仕組みをレバレッジといい、FXの大きな魅力のひとつです。

為替差益とは

為替差益とは、 通貨を買ったときと売ったときの差額による利益 のことです。

たとえば『1ドル=100円』のときに米ドルを買い、『1ドル=110円』になったときに売れば、10円の儲けになります。

またFXでは、 売りから取引することもできます。

『1ドル=110円』のときに米ドルを売り、『1ドル=100円』になったときに買い戻すことで、10円の利益を得るといった具合に。

想定とは反対に動いてしまった場合、「為替差損」が発生することもあります。

スワップポイント

スワップポイントとは

スワップポイントとは、 異なる2カ国間の金利差から得られる利益(配当) のことです。

この金利差14.1%によるスワップポイントが受け取れるのです。

ポジションを保有していれば、毎日受け取れるので、コツコツ運用したい人には魅力的ですね。

FX初心者が覚えるべき3つの基礎知識

FXでは取引だけでなく、 基礎的な知識を身につけておくことも大切。

なぜなら、基礎がしっかりしていないと上達が見込めないからです。

スプレッド

スプレッド

スプレッドとは買値と売値の差額のことで、 FXの実質的な手数料 にあたります。

カンタンにいうと、1回の取引にかかるコストですね。

  • Bid(売値):110.550円
  • Ask(買値):110.FXのやり方紹介 552円

円で米ドルを購入するとしたら、「買値ー売値」でスプレッドは0.2銭

つまり、0.2銭が取引コストになります。

ですが取引回数が増えたり、取引量を増やすとコストはふくれあがります。

FXのやり方紹介 FXのやり方紹介
スプレッド 1万通貨での取引コスト
A社 1銭 1銭(0.01円)×1万通貨= 100円 FXのやり方紹介
B社 0.3銭 0.3銭(0.003円)×1万通貨= 30円

レバレッジ

レバレッジ

レバレッジとは「てこ」の原理の意味で、 少ない資金で大きな金額を取引できる仕組み のことです。

FXでは担保となる証拠金にレバレッジをかけることで、最大25倍の取引ができます。

ロスカット

ロスカットとは

ロスカットとは、 含み損(確定していない損失)が一定基準を超えると強制的に決済されること です。

預けた証拠金以上の損失を抱えないようにする、投資家を守るための仕組みといえます。

トレーダーはなぜ売買の判断ができるのか?

トレーダーはなぜ売買の判断ができるのか?

テクニカル分析

テクニカル分析とは、過去の値動きをグラフで表した「チャート」から、今後の値動きを予測する方法です。

テクニカル分析

上のチャートに表示されている、「 移動平均線 」や「 ボリンジャーバンド 」といったテクニカル指標をつかって、今後の値動きだけでなく売買のタイミングを図ったりもできます。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、国の政策や経済データを使用して、今後の値動きを予測する分析方法です。

そのためファンダメンタルズ分析においては、国の経済指標や金融政策、要人発言に注目しておくことがポイント。

国の政策金利や経済状況は、中長期のトレードに強く影響 します。

根拠をもった取引が重要

というのも根拠がない取引では、ただのギャンブルだからです。

ですので、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を行い、 具体的な根拠を持てたときにエントリーしてください。

そのような時は、 得意な相場がくるまで待つことも肝心です。

FXに潜むリスク

FXに潜むリスク

・為替変動リスク FXのやり方紹介
・金利変動リスク
・高レバレッジリスク

為替変動リスク

為替差益を狙って利益をあげるには、値動きが不可欠 です。

一方で、予想とは反対に動けば損失となり、ときには暴落の恐れもあることを忘れてはいけません。

つまり、為替変動リスクは常に存在するのです。

金利変動リスク

ですが 金利が下がると、スワップポイント・為替レートも大きく変動するリスクがある と覚えておきましょう。

金利が高い国は、発展途上国であるケースが多く、政情や経済が不安定です。

高レバレッジリスク

高レバレッジによる取引は、 ハイリスク・ハイリターン。

レバレッジが高いほど大きく稼げますが、大きな損失を抱えるリスクも高くなります。

1回の取引で大きく稼ぐより、まずはリスクをできるだけ抑えながら安定して稼ぐことを目指しましょう。

初心者がFXで失敗しないために大切な3つのポイント

初心者がFXで失敗しないために大切な3つのポイント

適切な損切りを行う
メジャーな通貨で取引する
レバレッジは3倍までに抑える

適切な損切りを行う

為替変動リスクに対する最も適切な対処法が、 損切り です。

なぜなら損切りを適切に行うことで、損失の拡大を防げるからです。

そのため適切な損切りで、リスクをコントロールしてください。

メジャーな通貨で取引する

FX初心者は、 メジャー通貨で取引しましょう。

メジャー通貨は流通量が多く、経済・政治情勢も安定しており、為替変動リスクが少ないからです。

オススメなのが、 「米ドル・ユーロ・日本円」 の3通貨。

なかでも米ドル/円の通貨ペアは、スプレッドが狭く、スワップポイントも高い傾向にあるため、初心者向きの通貨ペアといえます。

一方、新興国などのマイナー通貨は、取引量が少なく、値動きも不安定になりがち。

レバレッジは3倍までに抑える

高レバレッジリスク対策のため、 レバレッジは3倍まで に抑えましょう。

レバレッジを3倍程度に抑えることで、為替変動による影響を小さくできます。

証拠金に余裕をもたせるためにも、レバレッジは3倍までに抑えて運用しましょう。

FX初心者はいくらから始めるべき?

 FX初心者はいくらから始めるべき?

「初心者はいくらぐらいから始めるべきか?」 と気になりませんか?

目安としては、10万円以上。

仮に1ドル=100円だと、1,000通貨単位をレバレッジなしで、ムリなく運用できます。

初心者向け!FXの始め方・手順

1.FXの知識を学ぶ

最初は FXの知識をドンドン学んでいきましょう。 FXのやり方紹介

FXの勉強には、本やセミナー、ウェブサイトの活用をオススメします。

勉強をせずに、投資の正しい知識や考え方は身につきません。

2.デモトレードで練習する

ある程度勉強したら、次は デモトレード に進みましょう。

すぐに大切な資金をなくさないためにも、デモトレードでの練習が重要です。

チャート分析からトレードまで、実践に近い雰囲気で流れを体験できるでしょう。

3.本番用のFX口座を開設する

上記の項目は、 口座開設の前に必ずチェック しておいてください。

リアルなお金が動くと、デモトレードとは違う緊張感や精神状態が生まれます。

初心者向けのFX口座3選

FX取引高 世界第1位「GMOクリック証券」

GMOクリック証

FXのやり方紹介
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1万通貨 300,000円

FX取引高 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)
・最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

スプレッドが安い上に、FXのプロがうなるほどの高機能分析ツールが有名!

取引高 世界第1位 からもわかる通り、皆が使っているFX会社だ。

取引コストが安く、初心者向きの「DMM FX」

DMMFX

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円 FXのやり方紹介
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1万通貨
マイナススワップが大きい
200,000円

最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・初心者からプロまで対応する高機能チャートが無料で使える
・取引結果を自動分析してくれるので、トレードの実力がUPしやすい

初心者でも使いやすく、プロもうなる高機能チャートが有名!

スプレッドが安いので、デイトレなどの取引回数が多くなるトレードでも取引コストを安くすることができるよ。

取引結果を自動で分析してくれるので取引の実力が伸びやすく、初心者に一番おすすめのFX口座。

低スプレッド・高スワップ!「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMO

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
150,000円

1000通貨(ドル円なら5千円)からFXの取引が可能
・トルコリラなどの高金利通貨のスワップが高く、スワップ狙いの取引に最適
・スマホの取引ツールが使いやすいことで有名

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1000通貨(ドル/円なら5千円)から取引が可能!

スプレッドが安く、高スワップなので短期から中長期まで対応できる万能型のFX会社よ。

FXは余裕資金で行おう

FXは余裕資金、つまり 生活に困らないお金の範囲内で取引 しましょう。

いくら資産運用をしたくても、決して生活費に手を出してはいけません。

「勝たないと生活ができない」という人に、冷静な判断を求めるのはムリがありますよね。

この記事では入門講座として、FXの基礎知識~始め方までの各ポイントを、初心者向けに解説しました。

・FXでは 為替差益スワップポイント FXのやり方紹介 から利益が得られる
・FXの基礎知識は必ず取引前に理解しておこう
テクニカル分析 やファンダメンタルズ分析をして相場は判断する
・為替変動、金利変動、 ハイレバレッジのリスク を知っておく
・初心者が取引を始める資金は 10万円以上 が目安
・FXの基礎知識を理解したら デモトレード で実践する
・デモトレードで取引イメージができたら本番取引を開始させよう

FXのやり方・取引手法|実例を交えてわかりやすく解説

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。
Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

FXのやり方(取引手法の種類)

スキャルピング

スキャルピングとはかなり短い時間で売り買いを完了させる取引手法となっている。

スキャルピングの特徴

  • 数十秒から数分程度で売り買いが完了するほど保有期間が短い
  • 保有期間が短いため判断までの時間がない
  • 取引ルールを厳格に決め、守らないと大きな損失を被りやすい
  • 取引中は移動せずにマーケットをチェックする必要がある

スキャルピングは上記の通り、取引初心者には不向きな取引手法である。

デイトレード

デイトレードは1日の間にエントリーから決済まで完了させる取引手法である。

デイトレードの特徴

  • 1日でエントリーから決済まで完了するためリスク管理がおこないやすい
  • 利益確定と損切りポイントを最初に確定させることで日中チェックする必要がなくなる
  • 日の終わりに取引のフィードバックができるため日々勉強する習慣がつく

一方で短期的な値動きを予想するのは初心者には難しいといえるため、中級者向きのトレード方法といえるだろう。

スイングトレード

スイングトレードは数日から1週間の間に取引を完了させる取引手法である。

スイングトレードの特徴

  • 数日から1週間の間に取引を完了させるというルールがあるため塩漬けを回避できる
  • トレンドに乗って利益が発生した場合の利益の幅が大きい
  • 1週間単位で相場分析できるためゆっくりと取引判断をおこなうことができる

中長期トレード

中長期トレードはFXを資産運用として長期で取引をおこなう手法である。

中長期トレードの特徴

  • 長期でおこなうためゆっくりとしたスタンスで判断をおこなうことができる
  • 資産運用としてドルコスト平均法※でリスクをコントロールしながらおこなうことができる
  • レバレッジを抑えることで利益確定と損切りラインの位置を広く設定することができる

長期投資は数ヶ月から数年単位の大きなトレンドの方向性で取引をおこなうため、方向性を誤りにくいという特徴がある。

レバレッジは低めに抑え、利益確定の位置や損切りの位置を広めに余裕を持たせつつ取引をおこなうことが大切である。

FXでの順張りと逆張りとは

順張りとは相場の方向性と同じ方向でポジションを取ることである。

相場の格言でも「trend is friend(トレンドは友達)」という言葉があるほど、順張りは堅実に運用するためのものといわれている。

逆張りとは相場の方向性とは逆の方向でポジションを取ることである。

まずは順張り投資をおこない、リスクコントロールに慣れてきたら逆張りのエントリーも検討してみるという流れで取引を進めてみることをおすすめする。

<順張り>
相場の方向性と同じ方向でポジションを取ること
<逆張り>
相場の方向性とは逆の方向でポジションを取ること

取引をおこなうための分析手法

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析の特徴

・大きな方向性を捉えるための分析手法
・正確なエントリーポイントや水準は判断できない
・一朝一夕に学べるものではないため日々勉強することが必要

ファンダメンタルズ分析は相場の大きな方向性を判断するためにおこなう分析手法であるため、長期的な資産運用のためにFXをおこなうような投資家には学ぶべきものである。

テクニカル分析

テクニカル分析は過去のチャートの値動きから将来の値動きを把握するというものである。投資対象は異なっても投資をおこなうのは人間であるため、人間の心理が値動きを作り出している。

<ファンダメンタルズ分析>
相場の大きな方向性を判断するためにおこなう分析手法
<テクニカル分析>
過去のチャートの値動きから将来の値動きを把握する

FX初心者でも使える取引手法の実例

移動平均線の利用法と工夫したやり方

移動平均線とは設定した一定期間の価格から平均値を計算し、計算された数値を一つの線で結んだものである。

ただし、そのエントリーの条件として「一度移動平均線を為替レートが抜けてしまい、再度移動平均線を超えてきたら買う」という条件をつけるだけで勝率を上げることができる。

ボリンジャーバンドの利用法と工夫したやり方

移動平均線を中心として上下に標準偏差から作成したラインを表示させて、確率的にどのような確率でそのライン内に価格が収まるかというものを視覚的に表したものである。

FXの始め方&やり方を徹底解説!初心者が注意すべきことは?

FXの始め方&やり方を徹底解説!初心者が注意すべきことは?

国内・海外問わず多数あるFX会社。FX口座によってスプレッドや取引ツール、特徴は異なります。 なので、自分にとってベストなFX口座を決めきれないという方も多いのではないでしょうか? そこでこの記事では、初心者におすすめのFX口座21社を厳選紹介。各FX口座の特徴や人気度を、徹底比較します。 FXのやり方紹介 さらに「.

STEP2:必要事項の入力

FX会社のサイトへアクセスして「口座開設」を選択し、 申込フォームの必要事項を入力 します。 以下は、主な入力内容です。

STEP3:必要書類の提出

FX提出書類

口座開設にあたり、 運転免許証などの本人確認書類とマイナンバー確認書類を提出 します。

STEP4:審査

必要事項の入力と必要書類提出の後は審査が行われます。FX会社によっては、 審査結果は最短即日 でわかります。 もし、審査に落ちた場合は、残念ですが口座開設はできません。

STEP5:ログインID・パスワードの受け取り

FXのやり方【証拠金入金〜決済まで】

 FXやり方決済まで

STEP1:証拠金入金

口座開設をした後は、証拠金を入金します。 クイック入金であれば、手数料無料でリアルタイム反映が可能です 。手続き後は、きちんと入金されているかどうか確認をしましょう。

STEP2:通貨ペアを選定

取引をするために 通貨ペア を選定します。通貨ペアとは、FX取引で売買する2つの通貨の組み合わせのことです。 FXのやり方紹介 通貨ペアを選ぶ際のポイントは以下の3つがあげられます。

  • 取引量の多い通貨ペアを選ぶ
  • スワップポイントで選ぶ
  • ドルストレートを選ぶ

取引量の多い通貨ペアを選ぶ

取引量の多い通貨ペアは、 世界中から注目されている 通貨ペアだと言えるので、情報や分析も多くされており安定した利益を出せる可能性のある注文方法です。

スワップポイントで選ぶ

スワップポイントとは 通貨ペアの金利差から生じる損益 です。FXならでは仕組みで、毎日コツコツと利益を積み上げることができます。

ドルストレートを選ぶ

ドルストレートとは、 米国ドルと別の通貨を組み合わせた 通貨ペアのことです。米国ドルは取引量が多いので相場が安定しているとされています。そのため、急激な価格変動が起こりにくくリスクが抑えられるとされています。

また初心者であれば、 流通量や取引量が多く、情報量が豊富な米ドル/円がおすすめ です。

STEP3:相場分析

FX相場分析

売買する前に相場分析を行います。テクニカル分析やファンダメンタルズ分析をすることで、今後の相場展開を予測することが可能です。 事前に本やセミナーで基本的な分析方法を勉強しておきましょう 。

STEP4:エントリー

成行注文は、 値段を設定せずに注文する方法 です。この方法は 今すぐに売買したい 場合に多く使用されます。

指値注文とは、値段を自身で設定して注文する方法です。今よりも値段が 下がった状態 で購入するために使われます。一方、逆指値注文は今までよりも 上がった状態 で新規で買うための注文方法です。

STEP5:決済

想定する利益幅や損失幅が発生したら、利確または損切りで決済をします。 決済をすることでポジションがなくなり、含み益・含み損が確定します 。

FX口座開設に必要なもの

1 本人確認書類

FXの口座開設をするには、 運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要 です。

2 マイナンバー確認書類

本人確認書類の他に、 マイナンバー確認書類も提出が必要 です。 マイナンバー確認書類には、次のようなものがあります。

  • マイナンバーカード
  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバー付住民票の写し
  • マイナンバー付住民票記載事項証明書

はじめてのFXで注意すべき4つのこと

1 証拠金維持率には余裕を持たせること

FXをする際は、十分な証拠金維持率を確保しましょう。 証拠金維持率が低いとロスカットのリスクが高くなる からです。

2 FX会社を慎重に選ぶこと

複数のFX会社を比較したうえで決めれば、より良い条件で取引ができるようになります 。利益も稼ぎやすくなるでしょう。 「面倒だから」などの理由で、安易にFX会社を決めることはやめましょう。

3 余裕資金を使うこと

FXをする際は、余裕資金を使うようにしてください。利益が出ることもあれば損失を負うこともあるからです。 生活資金を使ってしまうと、損失が出た場合に焦ってしまい、冷静な判断ができなくなります 。

また、家計が圧迫され、 日常生活に支障をきたす可能性 があります。 「FXは損するリスクがある」ことを念頭に置いて、必ず余裕資金を使うようにしましょう。

4 損切りなど基準を決めておくこと

FX初心者の方にとってまず知りたいのは、FXにはどんな特徴があるのか・稼ぎ方は?・おすすめの勉強方法とは?などですよね。 そこで、初心者の方がこの記事さえ読めばFXを始められるように、この記事ではFXの特徴、稼ぎ方、おすすめの勉強方法とFX会社について、まとめて解説していきます。 おすすめの勉強方法.

初心者がFX会社を選ぶ5つのポイント

1 最低取引単位は少ないか

はじめてFXをする方は、最低取引単位が少ないFX会社を選びましょう。 最低取引単位が少ないほど、少額資金で取引ができる からです。

米ドル/円の取引で1,000通貨・1万通貨に必要な資金

FXのやり方紹介
1,000通貨 4,000円〜5,000円程度
1万通貨 4万円〜5万円程度
thタグ tdタグ

1,000通貨のFX会社であれば、1万円以下の手元資金で取引 ができます。ある程度の経験を積むまでは、少額資金で取引をするようにしましょう。

2 スプレッドは狭いか

スワップポイントとは、取引する通貨ペアの金利差から得られる利益のことです。 通貨を持っているだけで稼げるため、FX初心者でもローリスクでFX取引ができるでしょう。しかし、FX会社によってスワップポイントが異なるため、より高いスワップポイントのFX会社を選ぶ必要があります。 ここでは、14社の国内FX.

3 取引ツールは使いやすいか

デモトレードであれば無料で実際の取引ツールを使用 できますので、パソコン用ツールとスマホアプリ、どちらも使いやすいか確認をしてください。

4 情報量は多いか

また、多くの情報に触れることで、 FXに役立つ知識やノウハウを身につけていくことができます 。 FXがはじめての方は、情報量が多いFX会社がおすすめです。

5 キャンペーンは魅力的か

はじめての方におすすめのFX口座4選

DMM FX

DMM FX

  • 各種手数料は全て無料
  • 安心・安全の完全信託保全
  • クイック入金サービス対応

DMM FXは、 クイック入金サービスに対応しています

平日はもちろん、土・日・祝祭日も原則24時間いつでも入金可能。 入金手数料は無料です。

万が一、DMMが破綻した場合であっても保全されます。

最低取引単位 1万通貨
スプレッド(ドル/円) ※ 0.2銭
通貨ペア数 21
口座開設 最短即日

GMOクリック証券 FXのやり方紹介 FXのやり方紹介 FXネオ

  • GMOグループが運営
  • 低スプレッド ※ &高スワップ ※
  • 使い勝手が良い高機能ツール

東証一部上場のGMOインターネットグループが運営 するFXネオは、米ドル/円のスプレッドが0.2銭と低コストで取引ができます。

38種類の人気テクニカル指標や25種類の描画オブジェクトを搭載 した高機能ツール「プラチナチャート」や4画面分割や16チャート保存ができるスマホアプリ「FX neo」など、多くのトレーダーから評価を得ている取引ツールが利用できます。

最低取引単位 1万通貨
スプレッド(ドル/円) ※ 0.2銭
通貨ペア数 20
口座開設 最短即日

外為どっとコム

外為どっとコム

  • 人気の複数通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン ※1
  • 口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中 FXのやり方紹介 FXのやり方紹介 ※2
  • 安心の24時間サポート体制

外為どっとコムは、 人気の複数通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン ※1 を実施中 です。「 NZドル/円1.2銭→1.0銭」「豪ドル/米ドル0.9pips→0.5pips」「ポンド/米ドル1.0pips→0.7pips」など、業界最狭水準 ※3 のスプレッドで取引できます。

また、 外為どっとコムでは口座開設キャンペーンも実施 しています。 ※2

キャッシュバックの条件は 取引1回(1万通貨)で2,000円 を獲得可能 。さらに外貨ネクストネオにて新規注文の取引をすると、取引量に応じて 最大30万円がキャッシュバック されます。まずは1万通貨以上の取引を1回を行いましょう。

FXのやり方紹介
最低取引単位 1千通貨
スプレッド(ドル/円) ※4 0.2銭
通貨ペア数 30
口座開設 最短即日

※1 キャンペーン期間:2022年3月7日(月)午前9時00分~2022年4月2日(土)午前3時00分、提示時間帯:対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時
※2 適用期間:口座開設月から翌々月末まで(2022年2月1日(火)午前7時00分より開始)
※3 公式サイトの文言によります
※4 原則固定/例外あり
出典:https://www.gaitame.com/

SBI FXトレード

  • 24時間リアルタイム情報発信
  • FXのやり方紹介 FXのやり方紹介 FXのやり方紹介
  • オリコン顧客満足度調査FX初心者部門「第1位 ※ 」
  • 安全性自己資本規制比率1655% No1 ※

SBI FXトレードは、 2020年オリコン顧客満足度調査FX初心者部門「第1位」のFX会社 です。日本最大のインターネット総合金融グループSBIホールディングス株式会社が運営しています。

SBI FXトレードの自己資本規制比率は1655%のNo.1 ※ です。自己資本規制比率とは財務の健全性を図るひとつの指標のこと。一般的には自己資本規制比率が高いほどリスクに対する許容度が高いと言われています。

また、 各種手数料は全て無料です。 クイック入手金手数料・口座維持手数料・ロスカット手数料などは、一切かかりません。

FXのやり方紹介 FXのやり方紹介
最低取引単位 1通貨
スプレッド(ドル/円) ※ 0.09銭(1〜1,000通貨の場合)
通貨ペア数 34
口座開設 最短即日

FXの押さえておきたい用語

 FX用語

FX取引には、いくつか押さえておきたい用語があります。ここではその中から以下の 4つ の用語について解説していきます。

  • レバレッジ
  • スプレッド
  • スワップポイント
  • スキャルピング

レバレッジ

「レバレッジ」とは本来 てこの原理 のことを指しています。そこからFXでは、少ない資金から大きな金額の取引が出来る仕組みを「レバレッジ効果」と呼ぶようになりました。

通常、 証拠金として預けている金額内でしか取引ができませんが、「レバレッジ」では証拠金の 最大25倍 の金額までの取引をすることができます。

スプレッド

英語で「スプレッド」とは広がりという意味 で、FXでは 売値と買値の差額 をことを指しています。取引手数料のないFXではこの「スプレッド」が実質の取引手数料となります。

「スプレッド」が 狭いほど投資家にとって利益 になり、 広いと損益 になります。この「スプレッド」は通貨ペアやFX会社によって異なるので、狭いものを選ぶと良いでしょう。

スワップポイント

「スワップポイント」は2国間の金利差によって生じる 金利差調整分 FXのやり方紹介 のことです。

金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を購入するとその 金利差分を受け取る ことができます。逆に、金利の高い通貨を売り低い通貨を購入した場合は、 金利差分を支払わなくてはいけません

スキャルピング

「スキャルピング」はFX取引のトレード方法の一つで、数秒や数分など 短時間のトレードで小さな利益を積み重ねる 手法を指しています。

「スキャルピング」はチャートの動きの分析やトレンドの分析を瞬時に行う能力が必要になるトレード方法で、 FXのやり方紹介 難易度が高い と言われています。

  • FXの口座開設手順は簡単で最短即日で取引が可能
  • 口座開設をスムーズに進めるために本人確認&マイナンバー確認書類を事前に用意する
  • FX初心者は余裕資金を使い十分な証拠金維持率を確保することが大切
  • スワップポイントやスプレッド、情報量などを比較して自分に合ったFX会社を選ぶこと
  • FXのやり方紹介
  • 事前に本やセミナーで勉強し、デモトレードで慣れたうえで本番をスタートさせること

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

FX初心者は少額からスタートすべき!少額取引におすすめのFX会社も紹介

FX初心者は少額から取引を始めよう!少額取引におすすめのFX会社も紹介

また、LIGHT FXはスプレッドの狭さにも定評があります。スプレッドが広いと取引コストがかさみ、その分利幅が狭くなってしまいます。例えば1ドル=100円で買いのエントリーを行い、1ドル=105円で売りの決済を行うとします。この際スプレッドが1円の場合は、スプレッドを差し引いた104円で売りの決済が行われるため、実際の利幅は4円となります。またスプレッドが50銭の場合は利幅が4.5円となるため、スプレッドが狭い方が利益を大きく得られるのです。

少額取引はコストの負担が大きく感じられるため、スプレッドの狭さは重視すべきポイントといえるでしょう。

MATSUI FX

FX初心者は少額から取引を始めよう!少額取引におすすめのFX会社も紹介

松井証券のMATSUI FXは、最低取引単位が取扱全通貨ペアで1通貨となっているため、初心者の方でも安心して少額取引が始められるFX会社です。

多くのFX会社は1,000通貨を最低取引単位としている中、1通貨からFX取引を始められることは初心者の方にとって大きな魅力です。例えば米ドルであれば約4円でFX取引を始められるため、気軽にチャレンジしやすいとでしょう。

また、MATSUI FXでは、パソコン向けの取引ツールである「FXトレーダー・プラス」とLINE公式アカウント(松井証券 MATSUI FX)を機能連携させることで、「経済指標通知」「売買シグナル通知」「レート通知」などの通知を受け取るサービスが利用できます。為替の変動要因である経済指標の発表時や、市場の急変動時に通知を受け取ることで、利益を得るチャンスを逃すことなくFX取引を行えます。普段は仕事などで忙しく、なかなかこまめにマーケットをチェックできないという方にも嬉しいサービスです。

さらにMATSUI FXではレバレッジ倍率を1倍、5倍、10倍、25倍の中から自由に設定することができます。通常、レバレッジ倍率は「(現在の為替レート×取引数量)÷証拠金」という計算式で自動的に算出されます。MATSUI FXでは自由にレバレッジ倍率を選択できるため、より自分の取引意向に合ったレバレッジをかけられます。

SBI FXトレード

FX初心者は少額から取引を始めよう!少額取引におすすめのFX会社も紹介

SBI FXトレードは最低取引単位1通貨(米ドル/円であれば約4円)から取引を開始できるため、初心者の方でも気軽にチャレンジできるのが魅力です。AIチャットを使って、FX用語や現在のレートを即座に確認できる点も、初心者にとって嬉しいシステムです。スプレッドは業界最狭水準となっており、取引手数料・出金手数料などの各種手数料も0円のため、できるだけコストを抑えて取引したい方におすすめのFX会社といえるでしょう。

また、SBI FXトレードは取扱通貨ペアが多いことも特徴として挙げられます。他のFX会社では取扱の少ないロシア「ルーブル」やポーランド「ズロチ」などマイナー通貨の取扱があるため、メジャー通貨以外のFX取引に興味がある方のニーズにも応えられるでしょう。

さらに、SBI FXトレードではスワップポイント(2つの通貨の金利差から得られる利益)が業界最良水準となっています。積立FXのサービスを利用すると定期的に外貨購入が行われ、スワップポイント獲得による利益を狙うことができます。

みんなのFX

FX初心者は少額から取引を始めよう!少額取引におすすめのFX会社も紹介

みんなのFXでは最低取引単位が1,000通貨となっており、システムトレードを利用したFX取引を行えることが特徴です。

システムトレードとは、決められたルールに沿って機械的かつ継続的に行う取引を指します。みんなのFXが提供する「みんなのシストレ」は、自ら選んだ有名トレーダーや自動売買プログラムによる売買シグナルに沿って、自身もそのトレーダーやプログラムと同じ取引が行えるサービスです。

初心者の内はトレードのタイミングを掴むことが難しく、なかなかFX取引で利益を上げられないかもしれません。システムトレードを利用すれば、上級者のトレード手法を体験できるため、「こういうタイミングでエントリーするんだな」といったプロの相場観を学べるでしょう。

また、みんなのFXでは頻繁にハッピーアワーキャンペーンが開催されています。ハッピーアワーキャンペーンでは、期間内の特定の時間に取引を行うことでスプレッドが狭くなります。メキシコ「ペソ」や南アフリカ「ランド」なども対象となっているため、初心者の方でもキャンペーンをきっかけにマイナー通貨での取引にチャレンジしてみてもよいでしょう。

さらに、みんなのFXではスマートフォン向けの取引ツールアプリが提供されています。1つの画面でチャートの確認や決済の注文を行えるため、FXツールに慣れていない初心者の方でも簡単に操作できるでしょう。

少額でFX取引を行う時の注意点

FXでは、少額から取引を始めるのが初心者の方にはおすすめと紹介をしてきましたが、いくつかの注意点もあります。注意点を事前に確認しておき、実際の取引においてもこれらの注意点を意識しながらトレードしてみてください。

ロスカットされやすい

少額取引では「ロスカット」が発生しやすくなります。ロスカットとは、取引の損失が一定の水準まで達した場合、それ以上の損失を防ぐために強制的に決済される「安全装置」のような仕組みのことを指します。

少額取引の場合は口座に預け入れている証拠金の額が少ないので、ロスカット水準に達しやすくなります。そのため短期間で相場が上下に大きく動いた場合、上昇局面の恩恵を逃す可能性があります。「ロスカットされずにいれば、すぐに利益が出せたのに」ということも起こり得るでしょう。

また、レバレッジの倍率を上げすぎることも早くロスカットされてしまう要因になります。大きな利益獲得を狙うためにレバレッジの倍率を高く設定するという方法もありますが、初心者のうちは投資経験に見合ったレバレッジを設定するよう心掛けましょう。

ポジションを放置しない

為替相場は常時動いているものであるため、少額取引だからといってポジションを放置してはいけません。たとえ少額であっても利益確定と損切りの水準を決めておき、決済のタイミングを注視しておかないと、相場が予想外に大きく変動した際に損失を招くこともあり得ます。

また、少額取引を行う目的のひとつに相場経験を積んでFXのセオリーを学んでいくことが挙げられますが、「放置していたらいつの間にかロスカットをされてしまった」ということでは、相場観がいつまでも養われません。同様にマーケットを注視することによって「こういう要因がある際は円高に動く」などの動向を学ぶことも大切です。

昼間は仕事でなかなかマーケットに張り付けないという方は、為替相場が大きく変動した際に通知が届く機能を使ったり、有名トレーダーと同じタイミングでトレードが出来る「システムトレード」を利用したりするなど、ポジションを放置しない工夫をし、経験値を高めることが大切です。

得られる利益が少ない

少額取引は大きな損失が発生するリスクを抑えられる一方で、得られる利益も小さくなるローリスクローリターンの投資手法です。元本が小さいため利益も小さくなるのは当然のことですが、始めのうちはやはり大きな利益を出すことに憧れてしまうかもしれません。

しかし、少額取引の主な目的はFX取引の経験を積むことです。初心者の内は大きな利益を出すことを目指すのではなく、少額取引で経験を積むことに注力した方がよいでしょう。FX取引の仕組みが分かってきたなと感じたら、少しずつ投資金額を増やしていけばよいのです。

少額でFX取引をする上でのポイント

少額でFX取引をする際に押さえておきたいポイントを紹介します。ポイントを押さえて、少額取引でも着実な利益獲得を目指しましょう。

レバレッジは抑える

レバレッジは担保となる証拠金の何倍もの額を取引することが可能になる仕組みで、例えばレバレッジが10倍なら10万円の資金で100万円分の取引ができるようになります。FX会社によってかけられるレバレッジ倍率はさまざまですが、最大で25倍のレバレッジをかけることが可能です。

ただしFX初心者はレバレッジを低く抑えることがおすすめです。何故なら、レバレッジが大きいほどリターンも大きくなることが期待できるとはいえ、比例してリスクも大きくなるからです。リスクを抑えるために少額取引から始めていても、必要以上にレバレッジを上げることで多大な損失を出してしまっては本末転倒です。

デモトレードで試しておく

FX会社によってはデモ口座の開設により、デモトレード体験ができる会社があります。デモトレードとは、仮想資金でFX取引の体験ができる機能のことです。為替レートの値動きや取引画面、操作方法などは本番の取引と変わらないため、資金をかけることなく実戦さながらの取引体験ができます。FX取引を始めたいと考えている方は、まずデモトレードで実践的なFXの練習から始めてみることをおすすめします。

少額取引向けのFX会社の選び方

取引単位の小ささ

FX会社の多くは最低取引単位を「1,000通貨」もしくは「10,000通貨」としています。

中には「100通貨」や「1通貨」から取引できるFX会社も見られます。取引単位が小さければ小さいほど少額からFX取引を始められますが、その分得られる利益も小さくなります。自身がどれくらいの金額からFX取引を始めたいのか、その投資意向に合ったFX会社を選ぶとよいでしょう。

スプレッドの狭さ

スプレッドは買値と売値の差額のことであり、実質トレーダーが負担する手数料であるともいえます。FX取引に限らず金融取引を行うにあたって、手数料など取引にかかるコストをできるだけ低く抑えることは、運用益を享受するための重要なポイントです。

FXの取引コストともいえるスプレッドは各FX会社が独自で定めているため、会社によってさまざまです。スプレッドが広いと、せっかくFX取引で利益を出しても利幅が狭くなってしまいます。自身が取引をしたい通貨ペアのスプレッドについて比較し、なるべくスプレッドが狭いFX会社を選択しましょう。

キャンペーンの充実度

各FX会社では新規顧客獲得のためにさまざまなキャンペーンが展開されています。期間限定でスプレッドが狭くなるものや、取引に応じてキャッシュバックが行われるものなどがあります。

高額のキャッシュバックが行われるキャンペーンでは、参加条件が厳しく設定されているケースもあります。取引量や通貨ペアの指定など一定の参加条件をクリアしなければキャッシュバックを受けられないこともあるため、キャンペーンを比較する際には適用条件についても確認しておきましょう。少額取引が目的であれば、口座開設のみでキャッシュバックがもらえるFX会社を選ぶのもひとつの方法でしょう。

またFX会社によってキャンペーンを行う頻度は異なるため、よりお得にキャンペーンを利用できそうなFX会社を選ぶとよいでしょう。

少額からの取引は可能か?

通貨ペア 最低取引単位が10,000通貨 最低取引単位が1,000通貨
米ドル/円 44,000円 4,400円
豪ドル/円 32,000円 3,200円

このように最低取引単位が小さいほど、最初に必要となる資金が少なくて済むことが分かります。FX会社を選ぶ際には、少額からの取引が可能であるかについて必ず確認しておきましょう。

取引コストは安いか?

FX取引をする上で取引コストはなるべく抑えたいところです。取引毎に発生するコストともいえるスプレッドの他、口座の維持管理料や入出金にかかる手数料などについて、あらかじめ複数のFX会社で比較することが大切です。特に入出金手数料については取引都度に発生するため、無料としているFX会社を選ぶことをおすすめします。

取引ツールが充実しているか?

FX会社によって備えられている取引ツールはさまざまあります。例えば外出先でも気軽に取引を行いたい方はスマートフォン向けアプリを提供しているFX会社を、相場のチャンスを逃さずスピーディーな取引を行いたい方はパソコン向けの高機能ツールを提供しているFX会社を選ぶなど、自身のニーズや取引スタイルに合ったツールを提供しているFX会社を選びましょう。

デモトレードで実際の取引ツールの使用感を確かめられる場合もあるため、さまざまな取引ツールの使用感や利便性を比較してみるのもよいでしょう。

FX初心者へおすすめのやり方

FX取引を始めたばかりのうちは、どういった点に気を付けながら取引を行えばよいか分からず、戸惑うことも多いでしょう。ここからはFX初心者の方におすすめの取り組み方について紹介していきます。

自分の取引スタイルを決める

FX取引には、1日に数回の取引を行うデイトレードや、数日から数週間の期間で利益を狙うスイングトレード、長期間ポジションを保有する長期トレードなどの取引方法があります。

まずは自分に合った取引スタイルを決めましょう。取引スタイルが決まらないと、相場の変動に動揺してすぐに損切りをしてしまったり、少しの利益で決済をしてしまったりなど、自分の感情に左右された取引を行ってしまいがちです。しっかりと取引スタイルを決めておけば、感情に流されず自身の意向に沿った取引を行えるでしょう。

毎日1000円程度の利益でOK

FX初心者のうちは毎日1000円でも利益を上げられたら上出来です。SNSやTVでは、FX取引で巨額の利益を手にした人ばかりが目立ちます。その影響で一度に大きな利益を上げることにばかり気を取られてしまうかもしれません。しかしFXで富を築いた著名人も最初からいきなり大きな利益を手にできたわけではありません。どんな人でも、何度も失敗を繰り返しながら相場観を養ってきたことでしょう。

FXで利益を上げるためには相場で経験を積むことが必要です。まずはコツコツと少額取引を行い、損失を抑え小さな利益を継続して上げることに注力しましょう。

取引コストはとにかく安く

FX取引に限らず、金融取引を行う際は手数料などの取引にかかるコストをできるだけ低く抑えることが重要です。せっかくFX取引で利益を上げても、手数料が高ければ利幅が狭くなってしまうからです。より取引における利益を享受するために、取引手数料やスプレッドなど取引にかかるコストがなるべく抑えられる会社を選びましょう。

少額取引はFX初心者の方でも気軽に始められ、取引の経験を積める方法です。FXの最低取引単位は会社によってそれぞれですが、米ドル/円なら4,400円ほどから始められるのが一般的となっており、初心者でも気負うことなくチャレンジできるでしょう。FX会社を選ぶ際には取引コストやキャンペーンの充実度を比較し、自身のニーズに合ったFX会社を選んでください。

今回紹介したFX会社の公式サイト一覧

FXのやり方紹介
マネーパートナーズ https://www.moneypartners.co.jp/
LIGHT FX https://lightfx.jp/
MATSUI FX https://fx.matsui.co.FXのやり方紹介 jp/
SBI FXトレード https://www.sbifxt.co.jp/
みんなのFX https://min-fx.jp/

少額からFX取引を始めたい方のよくある質問Q&A

Q. 少額投資が希望なら取引単位の小さいFX会社を選ぶべきですか?

最低取引単位の小さい業者ほど、必要となる証拠金を少なく抑えることができます。なるべく少額で取引を始めたいと考えているなら、最低取引単位の小さい業者を選択しましょう。

Q. スプレッドが完全に0になるという状況はあり得ますか?

基本的にスプレッドが0となることは考えられません。通貨の買値と売値の差であるスプレッドはFX会社の収益源であり、スプレッドが0であればFX会社は利益が0になってしまうからです。ただし、スプレッドを0とするキャンペーンを開催しているFX会社もあるため、タイミングによってはスプレッドを0とすることができるでしょう。

Q. レバレッジを下げるとデメリットになることはありますか?

レバレッジは、用意した証拠金の何倍もの額を取引可能にする方法です。レバレッジの倍率を上げれば元手となる資金が少なくても大きな取引ができますが、下げれば自前で用意しなければならない資金の額は大きくなります。これがレバレッジを下げるデメリットです。

「110円 × 1,000通貨 ÷ 10倍 = 必要証拠金 11,000円」

このようにレバレッジが10倍の際は証拠金が11,000円で済みますが、レバレッジを2倍に下げると55,000円となり、より多くの証拠金を用意する必要が出てくることが分かります。

初心者コーナー復習動画

2005年に会社員として働く傍らで、株のデイトレードをスタート。2006年FXに転向。2007年から投資ブログ「3万円からのFX投資生活」をスタート。そして2010年からのFXレバレッジ規制を機に、バイナリーオプション、CFD、日経225先物、商品先物なども幅広く取引するようになる。2012年のアベノミクス相場では6か月で3千万円稼いだ実績も。2013年7月投資利益を資本金とする株式会社を設立。専業トレーダーとなり現在に至る。
2018年2月に発行した著書「テクニック無用! 1分でできる本格「FX」投資術」では、シンプルかつ堅実に成果を上げるトレード法や、当社独自の自動売買ツール「オートレール」について紹介している。

関連リンク

本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
マネックス証券株式会社および説明者は、セミナーおよび関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時または提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社および説明者はセミナーおよび関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、セミナーおよび関連資料等は当社および情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

FX PLUS(店頭外国為替証拠金取引)に関する重要事項

FX PLUSでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(具体的な倍率は当社ウェブサイトをよくご確認ください)、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。 さらに、取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。FX PLUSは、店頭取引であるため、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。FX PLUSでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。

FX PLUSでは、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。一定の証拠金率とは以下のとおりです。ただし、相場の急激な変動等の事由が発生した場合には当社判断により変更することがあります。
(個人口座)
原則4%(一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)
(法人口座)
金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号の定める定量的計算モデルにより金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率です。ただし、金融先物取引業協会の算出した為替リスク想定比率が、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率(原則1%、一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)を下回る場合には、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率を優先させることとします。

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

当サイトは、株式会社新生銀行が同行の金融商品仲介をご利用のお客様へ勧誘する際に使用されることがあります。
株式会社新生銀行 登録金融機関:関東財務局長(登金)第10号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる