海外FXガイド

よく当たるFX為替レート予想

よく当たるFX為替レート予想
ドル安ウォン高に動いた要因としては、アメリカの金融緩和政策 が挙げられます。2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により、景気が後退する懸念が強くなっていました。アメリカの中央銀行、米連邦準備制度理事会(FRB)は景気対策として、金融緩和策をとります。 アメリカ経済にはっきりとした景気回復の兆しが見えないことから、ゼロ金利政策は今後も続くと考えられ、ドルは各国の通貨と比べ相対的に値を下げました 。2020年のドル安ウォン高はこの流れのなかで起こったと言えるでしょう。

よく当たるFX為替レート予想

移動平均線 ━ よく当たるFX為替レート予想 5 ━ 20 ━ 120

ユーロ/円 関連ニュース

今日の為替 05/27(金) 20:57

FX会社比較 - スプレッドとスワップポイント

よく当たるFX為替レート予想 よく当たるFX為替レート予想
会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 最小取引単位 口座開設キャッシュバック
0.2 pips -5 円 3 円 1,000 通貨 最大 53,000 円
0.2 pips -97 円 0 円 100 通貨 最大 2,000 円
0.28〜15.よく当たるFX為替レート予想 8 pips -11 円 6 円 1 通貨 3,000 円
0.4 よく当たるFX為替レート予想 pips -5 円 3 円 1,000 通貨 最大 53,000 円
よく当たるFX為替レート予想 0.4 pips -10 円 -20 円 1,000 通貨 最大 605,000 円

ユーロ/円の注文情報

ユーロ/円の未決済ポジション

ユーロ/円に関連する経済指標

ユーロの基本情報

1999年に誕生した欧州の統一通貨。EU加盟全28か国中19か国で採用されている。統一通貨により域内の貿易障壁をなくし、単一市場を形成することで、域内の経済成長に寄与する。一方で、統一通貨の性格上、各国は経済状況に合わせた柔軟な金融政策の実施が難しい。また、単一市場を維持するために、財政赤字が単年度でGDPの3%を超えないこと、累積の国債残高がGDPの60%を下回ることという制限がかかっている。こうした状況から加盟国の一部でユーロに対して批判的な姿勢が見られ、ユーロ懐疑派が選挙で躍進する場面がみられる。
世界の外国為替市場ではドルに次いで取引量第2位。第3位の日本円とかなりの差があることもあり、ドルの代替通貨として、基軸通貨の役割を果たしている。
ユーロ圏全体の経済指標に加え、域内最大の経済大国であるドイツの経済指標でも相場が変動する。その他の加盟国の経済指標に対する注目度は低い。

取引のポイント

外貨ex byGMO
取引アプリが使いやすい

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

AIがドル円の動きを予想!人工知能を活用したFX予想ツール紹介

AIがドル円の動きを予想!人工知能を活用したFX予想ツール紹介

外為オンラインが提供している「iサイクル2」は、ドル円相場に追従して自動取引を行うことができるツールです。利用開始時に、自分の状況に合わせた設定を行っておくだけで簡単に始められます。
一般的な売買の場合、自分自身で売買のタイミングを判断しなければなりません。そのため、FXを始めたばかりの人などは、どのタイミングで売買を行えば良いのか迷ってしまうというケースもあるでしょう。もちろん、経験を重ねて売買のタイミングをしっかりと掴めるようにしていくことが理想的ですが、初めからタイミングを確実に掴むことは難しい傾向にありますので、このようなツールで補助してもらうのも有効です。また、初心者だけでなく、毎日忙しいためFXに時間をかけることができないという方にもおすすめのツールといえるでしょう。
ちなみに、「iサイクル2」の始め方は3通り存在します。1つ目は、外為オンラインのシミュレーションによって高い利益を獲得した注文内容をランキング形式でリストアップする「ランキング方式」という方法です。自分の資金や好みに応じて注文内容を選択するだけなので、誰でも簡単に売買を始められます。

■FX入門アプリの決定版!「かるFX」

(参照:かるFX公式サイト – みんなと一緒にFXで楽しむアプリ!)

これからFXを始めようとしている方の場合、どのようなツールやアプリを選択すれば良いか分からずに迷ってしまうこともあるかと思います。そういったFX初心者に支持されているのが「かるFX」です。
「かるFX」は、ゲーム感覚でFXのコツを学ぶことができるアプリで、他のユーザーとコミュニケーションをとりながら旬なネタを収集していくことができます。経済や社会に関すること、そしてお金に関することなど、ユーザー同士で気軽に情報交換できるのは、FX初心者にとって大きなメリットといえるのではないでしょうか。
また、FXの基本を学べる入門コンテンツがたくさん設けられていることも魅力のひとつです。金融のプロが分かりやすく解説しているので、これからFXを始める人でもしっかりと理解することができるでしょう。
さらに、デモトレードでFXの体験をすることも可能です。「いきなり自己資金でトレードをスタートするのは不安」という方も多いかと思います。そのような方でも、デモトレードであれば操作性を学びながら経験を積んでいくことができるでしょう。
現在(2020年5月25日時点)、新規取引口座開設すると最大15万円がキャッシュバックされるキャンペーンも行われていますので、ぜひこの機会にご利用になってみてはいかがでしょうか。

■ロボアドバイザーNo.1!「WealthNavi」

(参照:WealthNavi(ウェルスナビ)| ロボアドバイザーで全自動の資産運用)

ウェルスナビ株式会社が提供している「WealthNavi」は、「長期・積立・分散」をサポートしてくれる全自動の資産運用アプリです。入金や出金、積立もすべてスマホから行うことができるのが特徴で、自分のスタイルに合わせて月1万円から自動積立を行っていくこともできます。
従来の資産運用では、目標設定を行った後の「金融商品の選定」「発注」「積立」「リバランス」「税金最適化」といった作業まですべて自ら行わなければなりませんでした。しかし、「WealthNavi」の場合は目標設定を行った後の作業をすべて自動化させることができるわけです。
具体的な手順としては、まず、6つの質問に回答して適切な運用プランを決定します。次にそのユーザーにあった資産の組み合わせを自動構築していきます。そして、運用資金の入金を行えば、最適な配分で自動買い付けできるようになるのです。
自動積立の場合、感情に左右されることなく淡々と運用資金を積み上げられるため、初心者にとって安心できる機能と言えるでしょう。また、資産運用によって受け取った分配金に関しては、一定額以上になると自動で再投資に回す仕組みです。分配金を引き出さずに再投資し続ければ「複利効果」による資産成長が期待できるでしょう。
「忙しくて時間を確保できない」という方には特にメリットの大きいアプリといえますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

■おつりとポイントで資産形成!「トラノコ」

(参照:おつりで投資 トラノコ | 長期分散投資アプリ)

「トラノコ」は5円から始めることができ、1円単位で投資ができる資産形成アプリです。トラノコでは「小トラ」「中トラ」「大トラ」という、ユーザーのリスク許容度に応じた3つのファンドが用意されています。自分自身のリスク許容度に見合ったファンドを利用することで、世界中の株式や債権、不動産などの資産に広く分散投資していくことが可能です。
また、現金だけでなくポイントでも投資を行えるという点は大きな魅力のひとつといえるでしょう。nanacoポイントやANAマイルなど、買い物や旅行で貯まる色々なポイントやマイルで投資を行えます。有効期限が迫っているポイントをワンクリックで投資にあてて資産形成を行っていくこともできるということです。
さらに、普段利用しているクレジットカードや、アマゾン・楽天などのECアカウントを登録しておくだけで、買い物をした際にあらかじめ設定しておいた額の「おつり」を投資資金として追加していくことができます。毎月少額ずつコツコツ投資していきたい人にとっては便利な機能といえるのではないでしょうか。そして、このような形で資産形成を行い、ドル円相場でのトレードにあてる資産を増やしていくというのも有効な手段といえるかもしれません。
もちろん出金はいつでも可能で、全国の金融機関にも対応していますので、少額での投資を検討している場合には、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

■手数料無料のコミュニティ型株取引アプリ「STREAM」

(参照:STREAM(ストリーム)|日本初!ずーっと手数料無料の株取引アプリ – 株式会社スマートプラス)

株式会社スマートプラスが提供している「STREAM」は、従来型の株式委託手数料がいつでも何回取引しても無料のアプリです。株取引を行うアプリであるため、ドル円相場のトレードを行うことはできませんが、資産運用という面では選択肢に加えていくことができるでしょう。
そんな「STREAM」の大きな特徴としては、最新情報やアイデアをたくさん入手できるという点が挙げられるでしょう。複数のニュースソースはもちろんのこと、銘柄ごとの掲示板やTwitter情報など、さまざまな切り口が用意されているため、自分の知らない注目銘柄も見つけることができます。
また、アプリ上で配信されているニュースや情報には銘柄タグが紐づけられているため、サクッと取引画面に移ることも可能です。迅速に取引を進められるという点も大きな魅力といえるでしょう。
さらに、月に1回、ユーザー同士の交流が行える「STREAM CAMP」が東京・大阪・名古屋で開催されていますので、株友を作るきっかけにもなるかもしれません。オンライン・オフラインで新たな可能性を広げていきたいという考えをお持ちの方にとって、「STREAM」は多くのメリットがあるアプリといえるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる