FXの練習方法は

スプレッド取引

スプレッド取引
多くのFX会社は「原則固定スプレッド」を謳っています。「原則固定スプレッド」とは、その名の通り、 原則としてスプレッドが固定でいくらと決められている スプレッド取引 ということです。

固定スプレッド

責任ある取引: EF Worldwide Ltdは、この広告、電子メール、またはその関連ウェブサイトで言及されているいかなる金融商品のメリットについても推奨を行っておらず、含まれている情報は、 お客様の個人の目的、財務状況、およびニーズを考慮していません。従って、これらの商品のお取り扱いに伴うリスクを考慮するだけでなく、お客様の目的、財務状況、およびニーズを考慮しながら、これらの商品が適切であるかどうかを検討す る必要があります。 EF スプレッド取引 Worldwide Ltdは、EF Worldwide Ltdの金融商品に関するいかなる決定をも下す前に、クライアント契約を必読することをお勧め致します。取引にはかなりの損失リスクが伴います。お客様の損失許容範囲を超えるほど の金額のお金を投資しないようにしてください。 EF Worldwide Ltdは、JFSAの監督下にはなく、金融商品の提供や金融サービスの勧誘を目的としたいかなる行為にも関与しておらず、このウェブサイトは日本の居住者を対象としていません。」 EF Worldwide Ltd(セーシェル金融サービス局 - ライセンス番号SD056)

easyMarketsは、EF Worldwide Ltdの商号です。登録番号:84227941このウェブサイトは、EF Worldwide Limited(Blue Capital Markets Groupの一部)によって運営されています。

制限地域: easyMarketsは以下の国や地域の居住者にサービスを提供していません:アメリカ合衆国、イスラエル、ブリティッシュコロンビア、マニトバ、ケベック、オンタリオ、アフガニスタン、ベラルーシ、ブルンジ、カンボジア、ケイマン諸島、チャド、コモロス、コンゴ、キューバ、コンゴ民主共和国、赤道ギニア、エリトリア、フィジーなど 、ギニア、ギニア-ビサウ、ハイチ、イラン、イラク、ラオス、リビア、モザンビーク、ミャンマー、ニカラグア、北朝鮮、パラオ、パナマ、ロシア連邦、ソマリア、南スーダン、スーダン、シリア、トリニダードとトバゴ、トルクメニスタン、バヌアツ、 ベネズエラ、そしてイエメン。

日本人に「スプレッド物」は馴染むか? | ニッセイ基礎研究所

btn-mag-b.png

わが国では、膨大な財政赤字を背景に、債券市場に占める国債の割合が7割以上と依然大きい。とは言え、10年前に比べれば社債(事業債)市場の規模も拡大してきているし、2003年には住宅ローンを担保に証券化されたMBS(Mortgage Backed Securities)が、運用の基準(ベンチマーク)となる債券インデックスに加わった。債券投資家にとって、こうした国債以外のいわゆる「スプレッド物」は、無視できない存在になりつつある。

2. スプレッド物市場の発展に必要なこと

(1)運用スタイルは変わるか?
スプレッド物「先進国」とも言える米国における債券投資家の多くは、できるだけ投資対象に「平均回帰(Mean Reversion)」を求める傾向が強い。したがって、一方向に動きがちな金利リスク、あるいは将来予測やシナリオを重視して方向感に賭けるといった、不確実性の高い運用スタイルをあまり好まない。その分、割安・割高を見出しやすいスプレッド物を重視する戦略に向かっている。翻って、日本では予測型運用が主流であり、必ずしも平均回帰を志向する投資家は多くない。こうした選好の違いが日本人をスプレッド物運用に向かわせない可能性もあり、市場拡大を阻む要素になり得るかもしれない。逆に、スプレッド物市場が発展することで、運用スタイルが変化していくのを期待したい。

(2)流動性を確立できるか?
米国でスプレッド物市場が発達した最大の要因に、流動性およびそれを実現させた規格性の高さが挙げられよう。例えば、ファニーメイなど政府関係機関の保証が付いたMBSは、基本的にクーポン設定は0.5%刻み、発行年限も30年か15年となっており、この規格に沿った証券であれば、国債並みの取引を瞬時に起こすことが可能だ。また、比較的個別性の強い社債市場でも、ベンチマーク債と呼ばれる同一企業が同一銘柄を継続的・定期的に発行することで、流動性を維持する努力をしている。反面、一部を除けば、日本ではその時々の市場環境に応じてテーラーメイド的に債券を発行する傾向が、未だ強いように思われる。今後、スプレッド物市場が拡大する上では、銘柄あるいは市場の規格化が進み、流動性を確立することができるかが重要なポイントとなろう。

(3)現物へのこだわりを排除できるか?
流動性とともに、米国でスプレッド物市場が拡大してきた背景に挙げられるのが、現物以外の運用手段に対する理解の浸透である。例えば、MBS市場ではTBA(To Be Announced)取引と呼ばれる先渡取引が発達している。これは、現物の受渡を伴わない取引であり、MBSを現物として保有せずに済むことから、投資家は毎月発生する元利金支払に伴う煩雑な資金管理に無駄なコストを払う必要性から解放されている。社債市場でも信用スプレッドをヘッジする上では、債券先物、債券のショートセル(空売り)、スワップの利用などが不可欠だ。このように、スプレッド物運用を行う際には、現物のみでポートフォリオを構築することへのこだわりを捨てる必要が出てこよう。究極を言えば、米国ではMBSは現物保有ゼロでも運用することが可能である。日本の投資家もスプレッド物運用を手がける上では、「投資とは必ず現物を買うもの」といった固定観念からの脱却が求められよう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる