バイナリーオプション攻略

負けトレードから学ぶこと

負けトレードから学ぶこと

【NFL】シーホークス戦は「感情的なものにならないようにしないと」とブロンコスQBウィルソン

▼アサマノイタズラ(手塚師)右にササる面を見せなかった。状態はまずまず。東京は初めてで適性は分からないが左回りの方がいいかも。 ▼ウインキートス(宗像師)いい状態で帰ってきた。馬場入りから素直だったし落ち着いて走れていた。 ▼ゴールドギア(伊藤圭師)年齢的な衰えは感じないし稽古の動きも良かった。前走の敗因は前残りの馬場に尽きる。 ▼ダンディズム(野中師)晩成タイプでグンと力をつ.

【葵S】ウインマーベル 豪快な走り披露、深山師「馬体の張りが一段と増してきた」

ウッドチップコースで追い切るウインマーベル(撮影・郡司 修) 橘Sの覇者ウインマーベル(牡3=深山)が豪快な走りを披露した。Wコースでフレンドパル(4歳1勝クラス)の10馬身後方から差を詰めると、直線でいっぱいに追われて併入。深山師は「前走時よりも、さらに状態が良さそう。馬体の張りが一段と増してきた。実績のある中京コースで期待したい」。開業4年目での重賞初制覇に手応えをつかんでいた。.

【葵S】追ってひと言

▼ヴィアドロローサ(安田隆師)今朝はサッと流す程度。まだ成長途上でトモの緩さがある。距離短縮して変化があれば。 ▼カイカノキセキ(池添学師)今週はしまい重点でも動きは良かった。休み明けでも仕上がりはいい。前走でレースの幅が広がったので、今回に生きれば。 ▼カジュフェイス(森田師)稽古はいつも動く。前走後も状態は変わりない。自分のリズムで気分良くレースを運びたい。 ▼コラリン(木村師).

【安田記念1週前追い】シュネルマイスター 迫力満点の動き、ルメール「マイルはベスト」

サマノイタズラ(左)と併せて追い切るシュネルマイスター(撮影・郡司 修) 昨年のNHKマイルC優勝馬シュネルマイスター(牡4=手塚)が迫力満点の動きを見せた。Wコースでアサマノイタズラ(目黒記念出走予定)を3馬身追いかけ、後方から馬なりのまま併入。手綱を取ったルメールは「体がごつくなった。現状ではまだ太いけど手応えはとてもいい。マイルはベストなので楽しみ」と好感触を得ていた。.

【安田記念1週前追い】追ってひと言

▼イルーシヴパンサー(久保田師)順調に来ているのが一番。前走も気持ちのいい勝ち方をしてくれたし、東京マイルはぴったり。 ▼エアロロノア(笹田師)併せ馬で強めにやった。しまいはしっかり動けていたし、いい時計も出た。左回りは中京で経験しているし、広い東京で持ち味の決め手を生かしたい。 ▼カラテ(辻野師)転厩2戦目で環境に慣れてきた。1週前なのでCWコースで負荷をかけた。動きは良かったし、これ.

【次走】ショウナンナデシコはスパーキングレディーC

天皇賞・春4着ヒートオンビート(牡5=友道)は宝塚記念(6月26日、阪神)を目指す。社台レースホースが発表。 かしわ記念1着ショウナンナデシコ(牝5=須貝)はスパーキングレディーC(7月6日、川崎)。 平安S5着スワーヴアラミス(牡7=須貝)は帝王賞(6月29日、大井)を視野に。 同8着カデナ(牡8=中竹)は中京記念(7月24日、小倉)か小倉記念(8月14日、小倉)。 都大路S4.

バスラットレオン 英G1サセックスSに予備登録

【大井記念】ランリョウオー2度目の重賞制覇!直線抜け出し帝王賞切符

早々と先頭に立って押し切ったランリョウオー 「第67回大井記念」が25日、大井競馬場で行われた。2番人気のランリョウオーが直線抜け出し優勝、2つ目の重賞タイトルを手にした。同馬と2着ノンコノユメには「第45回帝王賞」(Jpn1、6月29日、大井)への優先出走権が与えられた。 ランリョウオーは好スタートを切るとメイショウワザシの逃げを見ながら4番手を確保。馬群が動き出した勝負どころの3コーナーか.

名古屋競馬出来事

《名古屋競馬出来事》 【出走取消】▽6R…オーシャングルーヴ(疾病) 【競走除外】▽4R…ウェルスナイパー(馬体故障).

門別競馬出来事

《門別競馬出来事》 【出走取消】▽4R…ダバイファイターズ▽6R…ビービーパルフェ(共に疾病) 【競走除外】▽3R…リコーウージー▽4R…ナノ(共に馬体故障).

MVP大谷翔平vs本塁打王ゲレーロJr.が実現!不振から脱却傾向のジェイズ主砲は強気の姿勢「僕にとってはいつもと変わらない」

昨シーズンMVPの大谷翔平(左)と本塁打王のゲレーロJr.(右)の直接対決はいかに…?(C)GettyImages ロサンゼルス・エンジェルスとトロント・ブルージェイズの4連戦が、5月26日(現地時間)からエンジェルスの本拠地にて始まる。【動画】今季不振のゲレーロJr.負けトレードから学ぶこと が復調か!?圧巻の一発をチェック 今季初対決となる同カード。現在ブルージェイズは23勝20敗だ。アメリカン・リーグ東地区.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる